素敵なお年寄りになる。アンチエイジングで綺麗&健康な生活を


by emiko2112

炊飯器で美容スープを

前回のつづき。
土鍋でご飯を炊くようになって、すっかり使われなくなってしまったのが炊飯器。
でも土鍋は3合炊きなので、運動会や集まりなど、たくさんご飯を炊くときにはやっぱり炊飯器が必要。だから完全にキッチンから無くしてしまうわけにはいかない。
でも・・・使わなくなると、炊飯器って大きいんです。結構場所とるんですよね。
邪魔に感じないために何か使えないかな・・・・
ということで、炊飯器に料理してもらおう!煮込み料理とか得意そう・・・ということになりました。

普段はなかなか作らなそうな、でも炊飯器だったら比較的簡単に作れて、美味しく美容にも良さそうなメニューを。

ありました。「サムゲタン(参鶏湯)風スープ」。
ひな鶏のお腹に、餅米と高麗人参、なつめ、松の実、栗、ニンニクなどを生のまま詰め、薄い塩味で3時間ほどぐつぐつ煮込んで作る、薬膳料理としても有名な韓国料理です。
本場そのままの、というわけにはいきませんが、家にある材料でできるんだったらいいと思いません?
5合炊き炊飯器で約1時間半(大半は放っといて大丈夫です)。2~4人分の量ができます。

【材料】

鶏の胸肉……………大2枚(2枚で550g)
餅米……………1/3カップ(米用カップで)
ニンジン……………小1本(40g)
ゴボウ……………細め20cm
むき栗……………2個
ニンニク……………小2片
スライス乾し椎茸……………4~6枚
長ねぎ……………6cm
※上記で十分美味しくできますが、高麗人参、なつめ、松の実など、もし入手可能なら一緒に煮込めば本格的な味に。

<煮込みだし用>
水……………3カップ
酒……………1/2カップ
ショウガ……………親指の先ぐらい
長ねぎの青い部分……………1本分
塩……………小さじ1/2

<仕上げ用>
長ねぎ……………少々
黒ゴマ……………少々
塩とコショウ……………適宜

【作り方】
1: 餅米はといで水に浸して30分おいて水を切る。
ゴボウは皮をこそげて長さ3センチに切り、2~4つ割りにして水にさらす。人参も同じくらいの長さに切って縦に4つ割りにする。ニンニクの皮、栗の殻をむく。

2: 鶏胸肉はさっと洗って水気をふきり、肉の細い側の端からぺティナイフ(細めの包丁)を差し込み、切り込みを入れ袋状にする。

3: 2でできた穴にニンニク、餅米、栗、ニンジン、ゴボウ、椎茸、を詰める。

4: 最後に長ねぎを詰めて、口を爪楊枝で縫うようにして閉じる。

5: 炊飯器の内釜に、鶏肉の皮を下にして入れ、余ったニンジン、ゴボウ、叩いたショウガ、青ねぎを入れる。水と酒を入れる(水量は加減して5合の線より上にならないように)。

6: 炊飯器にセットし、おかゆ炊きで炊く。

7: 炊けたら、青ねぎとショウガを取り除く。
鶏肉と野菜を器に移し、スープはザルでこして注ぎ入れる。

8: 仕上げに薄切りにした長ねぎと黒ゴマをふりかけ、塩とコショウを混ぜたものを添える。

【食べ方】
初めに、塩とコショウをかけて鶏肉を食べ、次に中の具をスープと混ぜて、雑炊のようにして食べる。


鶏のうま味とゼラチン質、繊維質豊富な野菜をたくさん摂取できる、体の芯から温まる腹もちもいい絶品スープです。
[PR]
by emiko2112 | 2009-10-08 13:49