素敵なお年寄りになる。アンチエイジングで綺麗&健康な生活を


by emiko2112

冷えないオンナ

今年の夏は短かった・・・とはいえ夏は夏。暑い日もありました。
そんな夏も終わりを迎えていますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
日照時間が短かったとはいえ、蒸し暑い日や寝苦しい日も多かったような気がします。
暑い日が続いて、知らず知らずのうちに摂り続けた冷たい食べ物や飲み物・・・。
それらが体を中から冷やし、代謝を下げ、徐々に疲れとダルさが・・・そう、いわゆる夏バテってやつです。
この体内の冷え、夏だけではなくその後も尾を引くことがあります。そして冷えは体の老化をも早めます。
もちろん女性にとっては「冷え」は大敵。健康だけでなく美容にだって当然悪い。

そこで私がおススメするのが「ジンジャーシロップ」。
生姜は体を温めてくれる食材の代表選手。
シロップを作って常備しておけば、お水や炭酸水、お酒やお湯、いろんなもので割って、いろんなスタイルで気軽に摂取できます。
モデルで女優の小雪さんいわく、朝の摂取が効果的なんだとか。

基本のジンジャーシロップと、残った生姜で作れるジャムのレシピを紹介しておきます。
簡単なんで、試しに作ってみてください。


【ジンジャーシロップ】
生姜 約150g
レモン汁 2個分約80ml 
蜂蜜 80g
砂糖 80g
水 300ml

1:生姜は洗って汚れをとり、薄切りにした後で、フードプロセッサーで細かくします。少し大変ですが、おろしがねですりおろしても大丈夫です。

2:鍋に生姜と砂糖、水を加え中火にかけます。

3:2分ほど煮て蜂蜜を加え、さらに8分ほど弱火で煮ます。

4:最後にレモン汁を加え、さっと(1分ほど)煮たら火を止めます。

5:荒熱を取り、ざるで漉して、シロップとジャムの材料に分けます。
冷ましたシロップは煮沸消毒した清潔な瓶に入れて冷蔵庫で保存します。

※新生姜を使えば軽くて優しい味に。また色も鮮やかなサーモンピンクに仕上がります。
※砂糖の代わりに黒砂糖を使えば、素朴でコクのある味になります。
※シナモンなどを加えれば、個性のある風味がプラスされます。

【ジンジャージャム】※新生姜がおススメ。古生姜の場合、味(辛味)が強くなります。
6:漉した残りの生姜にグラニュー糖大さじ2を加え混ぜ合わせ、弱火で5分ほど煮ます。砂糖の量は、味見しながら加えても良いでしょう。

※つぶつぶの食感がひと味ちがうジンジャージャムです。
パンに添えても、ホット紅茶に入れても爽やかな甘味が楽しめます。お菓子作りにも使ってくださいね。

代謝が上がるだけでも、体重は落ちやすくなります。
さあ、冷えないオンナで秋をスタートしましょう。
[PR]
by emiko2112 | 2009-09-01 00:04